税理士を必要としている人、税理士になりたい人はこのサイトにまずは止まれ!

税理士.infoロゴマーク

経営コンサルティング

税理士と契約する際に、経営コンサルタントとして雇う、と言う手もあります。
基本的な業務としては、申告書や申請書の作成や、基本的には業務内容は変わりません。ですが税理士をコンサルタントとして雇った場合、はこのような業務だけではなく、利用者の財務の状況や、これまでの業務成績をしっかりと把握し、改善策がある場合は、その改善策を提案してくれるなど、経営者を傍でサポートしてくれるという心強いサービスが追加されます。

具体的な仕事内容としては、利用者の会社の利益を上げていく為の計画、立案、設備などの投資の計画、税法や、商法上における対策、人事の問題への迅速な対応などを利用者に提案し、今後どのように税務対策をしていけば業績が黒字になり更に利益を伸ばしていくことが出来るか。などの相談を行いながら会社をよりよい方向へ導く為のサポートを行ってくれます。

例えばあなたが会社を経営していて経営状況があまり芳しくなかったとします。あなたはどうにか状況を打破する為に頭で思いつくことを全て行動し、試行錯誤を続けるでしょう。しかし、あなた一人が頑張ったところでどうにかなるような問題ではなく、結局路頭に迷ってしまうでしょう。そんなときに税理士を経営コンサルタントとして雇うのです。税理士をコンサルタントとして雇う際には、利益や負債、税金などの情報を丸裸にして税理士に教えなければなりません。逆に教えないと税理士もアドバイスのしようがありませんからね。税理士と協力して状況を打破する為には、あなたからまず全ての状況を教えていかなければならないのです。

また、こうした利用者のニーズに応える為には、税理士自身の力も非常に重要な要素となってきます。税理士は、利用者の気持ちになって物事を考え、希望や、これからの事を考えていく為にも利用者との話し合いが大切になってきます。その辺で税理士の質が問われるというわけですね。お互いに信頼関係を構築していく為にはこうした話し合いを何度も何度も重ねていく必要があります。
例え時間が掛かってしまったとしても、話し合いを行っていくことによって利用者と税理士との信頼関係は深まり、よりよい問題解決への糸口が見えてくるはずです。

会社は決して一人で経営しているわけではありません。利用者自身の周りにはいろいろとサポートしてくれる人がいるはずです。会社の経営をうまくつなげていく為にはそうした周りの人達との信頼関係が一番大切なのです。一人の力では出来ることに限界があります。ですが、二人、三人と増えていくと一人では考えられないことも思いつくようになるのです。そうしたことを踏まえて、会社経営をしていくことが管理人は一番大切だと思います。初心忘るべからず!ですよ(笑)

最終更新日:2017/3/31