税理士を必要としている人、税理士になりたい人はこのサイトにまずは止まれ!

税理士.infoロゴマーク

税理士の仕事

税理士については分かってきたと思いますが税理士が実際にどんな業務をこなすのかちょっと気になってきませんか?と言うか気にするべきです(笑)税理士がどんな業務を行っているかを知ることが出来れば相談する際に話をまとめることが出来て業務開始へのステップアップがしやすくなるのです。ですから、是非このページで税理士の仕事についての知識を深めて自分がどのような状況下にいるのかを見極め、的確に相談できるようになりましょう!応援してますよ!ガンガレ!

 

税務代理

まず、税務代理についての説明ですが、税務代理というのは、税務官公署に関係している税法なんかや行政不服審査法という法律に基づいた申告を行ったり、他にも、申請、請求、不服申し立て等の税に関する税務調査や、税務官公署からの処分に対して主張する際の代理人、代行人として業務を行うことです。もし税理士が利用者の代理人としてこれらの業務を行ったりする場合は、利用者に委任状を書いてもらい(これは恐らく契約する際に書いたりするので心配ないかと)、税務官公署に提出することで行うことが出来ます。

 

税務書類の作成

税務書類の作成というのは、税務官公署に提出をする税の申告書、または申請書などの書類を利用者の代わりに作成することです。申告書や、税務書類を作成して税務官公署に提出を行う場合には、その作成した書類に署名捺印しなければいけません。

 

税務相談

税務相談というのは、税務官公署に対しての申告、主張、陳述、その他申告書などの書類の作成に関して、租税に関する課税標準等の計算に関係している事項について様々な相談に応じる事です。

 

会計業務

会計業務というのは、税理士業務を行うにあたって付随し、財務書類の作成、会計帳簿への記帳の代行や、その他の財務に関する事務などを行ったりします。

 

租税に関する訴訟の補佐人

租税に関する訴訟に関しての訴訟の代理人(これは弁護士のことです)と一緒に出頭、そして陳述をし、納税者を支援することです。