税理士を必要としている人、税理士になりたい人はこのサイトにまずは止まれ!

税理士.infoロゴマーク

税理士選びのポイント

いくら税理士に関する知識はついたとしても最終的に仕事をしてくれるのは税理士です。
税理士を信頼するのは勿論のことですが、一言で税理士と言っても得意な分野と不得意な分野があるのです。みんな同じような知識と技術を持っているはずは無いのです。人間ですしね(笑)
それをどうやって見極めていくか、それはやはり利用者自身の問題になってきます。いくら相性の良い税理士を見つけたとしても税理の分野の相性がよくなければ全くというわけではありませんがあまり効果は期待できません。そうならない為にも、税理士を選ぶポイントをしっかりとおさえて、自分がして欲しい分野に長けている税理士を見つけ出しましょう。
ここでは税理士を見極め、選ぶ為の基本的なポイントをいくつか紹介しているので参考にすると言いと思います。

まず一番始めに気にしなければならないポイントは、「きちんとサービス内容の説明がされているか」です。依頼しにいく場合にきちんとした説明のない税理士はあまり信用は出来ません。また、質問をしているのに答えを濁してうやむやにしてしまう税理士の場合も信用できないでしょう。このような税理士の場合、表向きはしっかりと「節税」されているように見えますがそれは紙面上のみでの事です。実際は法律違反すれすれのあまりよろしくない事を利用者に隠して行っている場合があります。最悪のパターンとして、違法性が表にでは場合にその税理士が全て利用者に罪をなすりつけてしまうことです。実際には税理士も裁かれるのですがそんなとばっちりを受けたのではこちらとしてはたまったもんじゃありませんよね。そうなる前に事前の説明の確認などをしっかり行うことが大切です。

次に税理士報酬の説明がきちんとされているか、これも重要です。かなり重要です(笑)相談料は料金に含まれるのか。とか、書類を作成したときの料金はいくらなのか。とか、細かい説明がされているなら問題は無いです。でも、あまり細かすぎる説明のかえって怪しむくらいがちょうど良いかもしれません。あまりに細かい説明がなされている場合、それらしい理由を付けて違法に料金を上乗せしている場合があるからです。言うまでもないですが、料金について税理士から殆ど説明が無い場合、これはアウトだと考えて下さい。事前に説明が無いという事は何かと事あるごとにお金を請求してくる可能性が高いからです。簡潔に、しかししっかりと説明してくれる税理士を選びましょう。

得意分野を聞いておくことも税理士選びではとても重要な点の一つです。人間一人一人個性があるわけですから勿論得意な分野も変わってきます。自分が必要としている分野と税理士の得意な分野が合致してこそ初めて最高の税務が出来るわけです。確かに税理士の人柄も大切な要素の一つなのですが、税務というのは失敗は許されない仕事です。選ぶならその分野に長けている人を選んでいきたいですよね。その場合は、事前に税理士に得意分野を聞いておくことをお勧めします。
何人かの税理士から得意分野を事前に聞いておけば、税理士を選ぶ際に絞りやすいですし、その中から相性の合う人を選んでいけば良いわけです。あくまで、税理士選びは慎重にしましょう。

2016/9/28 更新